ACC 危機の子供たち・希望 ロゴ
Top > 私たちの活動 希望のとびら

希望のとびら ~未来へと~

子どもたちの未来が明るいこと、それはこの地球の未来もまた明るいことであると考え、ACC では子どもたちの「明るい未来創り」のために何が出来るかを模索し、活動してきました。スリランカでは、私学を除き幼稚園から大学までの授業料無償制度を基本的に実施しています。しかし、そうした教育制度にもかかわらず、自己負担となる学用品や通学費、お弁当代といった諸経費の捻出もままならない貧困家庭の子どもたち、また労働力として家族を経済的に支えている子どもたちが数多く存在し就学することすら困難な状況に置かれています。

笑顔で一杯のドンペ市
デカタナ小学校の生徒達
子どもたちの瞳は希望に満ちている

ACCは、教育を受ける権利は、子どもたちが当然持つべき権利であり、自立への道への大事な道程であると考え2003年に教育整備支援として、スリランカで、貧困家庭の子弟を対象とした奨学金プログラム「希望のとびら」を開始しました。各個人の事情により額は異なりますが、現在約20名の子どもたちに、就学可能となるための奨学金を給付しています。

また、ACC現地支援メンバーの協力を得て、制服生地、運動靴、パソコン、学用品等といった子どもたちに必要な物を、現地小学校へ届けています。厳しい環境におかれている子どもたちのこころに「希望」の光が射し込み、自立への道の「とびら」を開き、一歩でも踏みだしていくためのお手伝いが出来るように、これからも現地の状況に沿ったきめ細かな活動をすすめていきたいと思います。

ご賛同・ご支援いただける方は、ご協力方法のページもご覧下さい。

会員お申し込み、ご寄付によるサポートについて